買取にチャレンジ 買取にチャレンジ 買取にチャレンジ

買取と下取りではお得なポイントが異なります

近年人気となってきている買取と下取りのどちらにするか迷ったときは、現金を安くしたいのか、購入予定のものを定価から割引した価格で安く買いたいのかで決定するといいでしょう。下取りは、業者独自の端的な査定ポイントが相場となるため、概算での下取り値となるケースが多いです。その分、次来た時に購入する予定の商品を下取り価格で値引かれるので、直で支払う料金を、下取り価格分安く済ませることができるというメリットがあります。直接の負担を減少したい人に推薦できるのが下取りになります。

image

しかし、携帯などの場合、下取り対象の商品や店舗によっては、ポイント貸与で下取り対価としていることもあるので、買取を思案している場合では、買取をしてくれるショップが下取りをどのような対価として対応しているのか、確認しておく必要があります。買取は、何よりも現金が今すぐに欲しいという方に向いています。買取の世界では、どの分野においても人気や需要、スペックを優先して査定する傾向があるので、買取対象の商品の需要が増加する時期を見極めれば、高額査定となることも多いからです。プレミアのつくような品物に関しては、時期に関係ないといった傾向もありますが、経年劣化も免れないことも事実なので、早期の買取を考慮することです。

少しでも高くなる査定を狙うなら、買取をしてもらう予定の商品のニーズが高くなる時期の少し前に査定に出すのが一番です。

高額買取となる時期の見極め方ですが、黒や茶色の落ち着いた意匠のブランドバッグであれば、2月から3月が最も高い買取価格となる例が多いです。

さまざまな買取店に買取価格を査定してもらい、比較を行うのが大切です。

下取りの場合だと、細かな査定ポイントはさほどなく、状態とスペックだけで計算されることが多いです。買取においては、人気と需要と市場相場、そして買取店独自の販売ルートなど、複合的な要素が絡み合っているため、買取店が異なれば数千円から数万円、あるいは数十万単位での差額が出ることも非常にたくさんあります。僅かな手間を惜しまず、満足いくまで買取査定を複数の店舗でしてもらう姿勢が、後悔のない買取金額を手にすることができます。